アップロードしたい画像ファイルの種類やエラーが表示された時の対応方法をご紹介します。

本サイトは、以下のデータサイズ、いずれかのファイル形式のファイルのみアップロードすることが可能です。
※拡張子とは、ファイルの名の後に付く文字列のことです。ファイルの種類を表します。例)xxxx.jpg

画像ファイルが選択されなかった時に表示されます。
下記のような操作を行われた際、画像ファイルの選択が取り消されている可能性があります。

※一度、確認画面へ遷移した画像ファイルは取り消されません。

上記で指定された画像ファイル形式以外のファイルが選択されています。
スマートフォンで撮影されている場合、JPGまたはPNG形式で保存されることが多いですが、エラーが表示される場合、アップしようとしている画像の拡張子をご確認ください。
ただし、iPhoneでは画像の形式やファイルサイズを確認することができません。専用のアプリをダウンロードしてチェックを行われるか、メールでパソコンに送ってご確認することをおすすめいたします。

iPhoneで撮影された写真の場合、HEIC形式の画像ファイル(拡張子「.heic」)になっている可能性があります

iPhoneやiPadで撮影した写真をパソコンで編集すると、「.heic」の拡張子や「HEICファイル」名称で表示されます。HEICファイルは、iOS11から採用された新しい画像保存形式です。 iPhoneで撮影された写真をアップロードしてエラーが表示される場合、画像の拡張子が「.heic」になっている可能性が考えられます。

【方法①】iPhone(iPad)でJPEG形式で写真を撮る

以下の操作で、撮影した写真はJPEG形式で保存されるようになります。

【方法②】画像種類を変換する

スマートフォンの場合、アプリを用いて変更することができます。また、Dropboxの場合もソフトが自動的にHEIC→JPEGに変換してくれます。

アップロード可能なファイルサイズは、上記で記載しているサイズです。上限サイズを超えた画像をアップロードすると、エラーが表示されます。

ファイルサイズを縮小するには

【方法①】自分宛にメールを送信

メールに大きな画像ファイルを添付しようとすると、画像サイズ(大・中・小)を変更する確認画面が表示されます。自分のメールアドレス宛に該当の画像を送信することで、画像のサイズを小さくすることができます。

【方法②】アプリを使ってリサイズ・トリミングする

スマートフォンの場合、リサイズやトリミングなどの機能に特化したアプリがたくさんあります。自分の使いやすいものを選び、画像のリサイズ・トリミングをすることができます。

同じ画像ファイルを2箇所以上に選択してアップロードすると、メッセージが表示されます。異なる画像ファイルを選択してください。